出版プロデューサーの山田稔が読者の皆さんとの関係構築を目的に、運営しているすべてのメディアのハブとなっております。